院長からのご挨拶

こころにも手当を

私たちは身体の傷には慎重に対応しますが、こころの傷の手当を軽視する傾向があります。 誰でも、時にはこころに傷を受けながら生活しています。

 しかし、痛みを感じても傷口の手当てをするどころか、放っておくことが多いのではないでしょうか。出血しそうなら、こころにも手当てが必要です。

身体の健康と同様に、こころのメンテナンスをして健康な生活を維持していくことも大切だと思います。 そのためのお手伝いを、次に掲げる3つの特色を中心にして取り組んでまいります。

にしむらクリニック3つの特色

1. こころの家庭医をめざします。詳細はこちら

2. スタッフが協力し、ていねいな医療を提供いたします。 詳細はこちら

3. 地域の医療・福祉機関と連携をとります。詳細はこちら